前へ
次へ

不動産購入で知っておきたいローンの種類

不動産購入で広く対象となるのが、戸建住宅やマンションなどのマイホームです。
一般的に、購入には住宅ローンが利用され返済期間は長期に及びますが、住宅ローンを組む際に知っておきたいものに種類があります。
住宅ローンの種類には、大きく、固定金利型と変動金利型があり、それぞれに特徴が異なります。
固定金利型とは毎月の返済額が変わらない返済方法のことを言います。
メリットは返済期間中に一定の金利が適用されることで月々の返済額を確定できる点があり、生活資金など計画が立てやすくなります。
一方、市場変動などによる金利変動の影響を受けることが無い反面、金利は高めに設定されます。
変動金利型では市場動向によって借入金利が動いていきます。
特徴の1つに借入当初の金利が低いことがあり、金利の動きによって5年に一度見直しが行われます。
変動幅は直前回金利の1.25倍を上限としている金融機関が多く、ローンには一定期間の金利を固定にし、終了後から変動型を適用する固定期間選択型と呼ばれる商品も用意されています。
住宅ローンは初回金利の低さから変動金利型を選ぶケースが多く見られます。
ただ将来の経済動向は誰も予想することはできず、仮に金利上昇となれば負担につながることを理解しておく必要があります。
また、返済額が少なくなる分貯蓄をしておくなど、金利上昇に備えておくことが大切になります。

Page Top